大田市森林組合|森林組合|島根県大田市

qrcode.png
http://oda-fc.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

森のつぶやき

 
フォーム
 
林業祭盛況のうちに終わる
2014-10-24

1018日(土)林業祭を開催した。

当日は朝から絶好のイベント日和。しかし、スタート時点ではお客さんはパラパラ。圧倒的にスタッフの数の方が多い。1年目ということ、さんべ祭主会場からは歩いて5分以上かかり直接は見えないという立地、そして宣伝の不足。いろいろとマイナス要素を考える。

それでも主会場内でのビラ配り等のテコ入れが功を奏したのか、お昼頃から少しずつ賑やかになり始め、こどもたちの歓声が林間に響き始めた。メダカの配布、丸太切り(実際は小枝程度)、その重さ当てクイズ、チェンソーの目立てサービス、林業機械の操作実演、林業相談コーナー、らとちゃんとの記念写真、そして林友会による木製パズルコーナー、鉛筆立ての作成等盛りだくさんの内容をお客さんは十分に楽しんでおられた。

そしてメインイベントの大抽選会。このころには約200人が会場に。最後に目玉賞品の32インチ液晶テレビの抽選を行い、無事終了。

 

 今回の企画は現業職員から出てきたものだった。地域の皆さんに森林・林業の大切さや、そのために危険と隣り合わせで頑張っている自分たちの仕事の内容を理解してもらいたいとの発想だ。

 毎日、緊張で難しい顔ばかりしている職員が、森林・林業をテーマに地域の人たちと一日中笑顔で触れ合えたことは、職員にとっても楽しく満足を覚える経験になったのではないかと思う。

 

 来年の展開に期待が高まる。(くつ)

 

※林業祭の模様はこちらから

 

 
ミニ林業祭の告知放送収録
2014-10-06
9月30日(火)
 銀山TVにて「大田市森林組合 ミニ林業祭」の告知の収録を行いました。スタジオ内は照明でとても暑く、あまり見たことのない機材を目にして皆さん少し興奮気味。
 
 持ち時間は1分とのことで、2度のリハーサルを行いました。リハーサルにも関わらず、出演者全員の緊張感がビンビン伝わってきました!ただ、模造紙を持っているだけなのに汗だくになる人、カンペに目がいかないように一生懸命暗記する人…
 
 告知放送を見ていただく皆さんに内容が伝わるように、出演者全員が心をこめて頑張っていたと思います。 
 
 是非、「ミニ林業祭」に足を運んでください。
 
P.S. ちなみに、僕は応援係でした。(SATO-RUSH!)
 
松再生第4弾
2014-09-24
 昨年の8月に「松再生第3弾」として「松の播種とその途中経過」で松の成長について投稿しました。
その後仕事の忙しさにかまけて現地へ行くことが出来ませんでしたが、ようやく、先日の9月19日に現場に行きました。
昨年芽が出たものと思われる稚樹(約20cm)と今年と思われる稚樹(約2cm)が並んで生えていたので写真を撮ってきました。4haの天然下種更新を目指す面積のうち半分程度を大まかに歩いてみましたが、明らかに昨年より多くの松の稚樹を見つけることが出来ました。以下その状況を報告したいと思います。
 
① 天然下種更新のため地表掻き起こしをしましたが、マサ土が出るほどに強度に実施したところは稚樹の発生が少なく、少し腐葉土が残っているような箇所が良く発生してました。(標準地を取って本数を数えたわけではありませんが)
② 前生の松を伐採する前から笹が群生しているところは探すのが大変ということもありましたが、松の稚樹あるいは幼樹は見受けられませんでした。しかし稚樹の発生と笹の発生が同じ時期の稚樹(約15cm)は写真のように今のところは順調に生育しそうです。
③ 切り取り法面の上部付近で笹が元から繁茂していた所は法面で光を遮る植物等がなく、そのためかかなり成立本数が密でした。(ちょい、意味が解りにくいかも)
④ 松林の谷にあるスギ・ヒノキの35年生が立っているところから20m位離れた今回開設した作業道の盛土法面には、スギ・ヒノキの稚樹がかなり発生していました。
 
まあそんなで大した報告にはなっていませんが、3枚目の写真のようにそこそこ稚樹が発生しているので安心しました。あとは攪乱しすぎた箇所がどうなるかということと、いつごろ下刈をするべきかが問題かと思います。
今後は稚樹の何本かのそばに杭でも立てて成長を見ようかと思っています。
本当にできるか自信はなし(-“-) 
以上(poco)でした。
 
悲願の一勝ならず
2014-08-25
 

24日、大田市森林組合職員で構成する「フォレスターズ」は市内の21チームが参加する社会人野球大会の試合に臨んだ。3回目の出場ではあるが、まだ勝利の喜びを味わったことはない。今年は新卒の高校球児を迎えて戦力の充実があり、初の一勝への期待は大きくふくらんでいた。

試合開始前のミーティングの締めは「ゼロ災でいこう!よし!」

対戦相手のピッチャーは甲子園経験者とのこと。我がチームのメンバーは臆することなく立ち向かい、K君の二塁打を含めて数本のヒットはあったものの、力不足は否めず5回コールドでの負けとなった。

夕方の慰労会では、例年になくプレーの中身についての反省が語られていたように思う。来年こそ勝利の美酒が味わえることを期待しよう。

 選手の皆さん、応援に駆け付けた職員、家族の皆さんご苦労様でした。(くつ)

 
『カッポさん』第2弾
2014-08-05

前回、ウスバカゲロウのことを「カッポさん」と呼んでいたと書きましたが、新しい呼び名が出現しました。当組合の50才代の職員は、「ジッポカッポ」と呼んでいたそうです。
その後、他の人から「テッポカッポ」と呼んでいた人がいるよ と教えてくれました。どうも、「カッポ」は大田地域では共通の言葉のようです。
たわいない話で申し訳ありません(;一_一) (poco)

 
『カッポさん』て知ってます?
2014-07-28

保育園から小学生くらいまで我が家の墓所でよく「カッポさん、カッポさん出ておいで」と歌を歌いながらカッポさんを掘り出して遊んだことがありました。「カッポさん」とは、ウスバカゲロウの幼虫のことでいわゆる「アリジゴク」の成虫の名前としてみなさんご存知と思います。それを我々の地域では「カッポさん」と呼んでいますがどこらあたりまでがその名称を使っているのか少し興味のあるところです。
 先日、広島県の山奥で昼食をとっていて、ふと辺りを見回すと黒墨の土のあちこちに「アリジゴク」があり何年振りかに掘ってみました。8か所くらい掘りましたが何もいなくて、最後のくぼみから一匹だけ黒いカッポさんが見つかりました。残念ながら死んでいて、おまけに真っ黒で、私が幼少の頃捕っていた(決して殺さず元に返しました)茶色い土の中にいた茶褐色とは違うので、てっきり「カメレオン」のように土の色に適応して体色を変えるのかなと思いましたが本当はどうなんでしょうか?
 数日後、インタ-ネットで調べたらウスバカゲロウの幼虫は、獲物に対して毒性の吐き出し液を注入し、注入された獲物は黒変して致死するようです。私が先日見つけた幼虫がまさか仲間同士で喧嘩して死んだなんてことは無いと思いますが・・・・誰か知っている人がいれば教えてください。
 ちなみに、ウスバカゲロウの毒物質はフグ毒のテトロドトキシンの130倍といわれているとのこと。
 むやみに触らない方が良いかも。(poco)

 

 
第117回 大田市小学校連合運動会
2014-05-12
  10日土曜日に大田市小学校連合運動会が開催されました。今年が第117回ということは3世紀をまたいで(多分?)続いているということになります。最初は旧安濃郡内の小学校対抗であったと聞いています。父(明治生まれ)達の小学校時代には進軍ラッパを先頭に隊列を組んで、川合から大田まで歩いて行ったそうです。 

 

 今年は、強風のため途中でテントを外すなどのアクシデントもありましたが、市内164年生以上(複式校は3年生以上)の937名のこどもたちは競技に応援に元気いっぱい跳ね回っていました。その中で、多くのこどもたちが靴を履いて走る中で、まだはだしで走るこどもが結構いたことが私のノスタルジアをチクッと刺激しました。 

 

 数十年前にはこどもたちを、ここ数年は孫たちを応援し、自分の人生史で考えても、中休みをしながら、半世紀以上連合運動会を見てきています。第130回を超えるころには、ひ孫が連合運動会を走る姿を見ることができるかも・・・ (くつ)

 

 
2014春満開
2014-04-03
 3月中旬からの気温はジェットコースター状態でしたが、全般的には22度を超す日が2日もあるなど、例年と比較するとやや暖かめで推移してきました。
 県内の桜情報では、昨日が満開ピークの様相でした。
 我が家の近くの公園の桜もこぼれんばかりに咲き誇っています。
(くつ)
 
三瓶山西の原火入れ
2014-03-25
 毎年恒例の三瓶山西の原火入れが行われました。
 火災予防、害虫駆除等様々な目的を持っての火入れですが、最も大きな効果は草原景観の維持につながることだと思います。
 
 大田市を中心に諸団体で構成された実行委員会主催で行われ、大田市森林組合もメンバーとして参加しました。
 参加人数はボランティアを含め約160名。昼休みには40分間程度雨がぱらつきましたが、昨日まで好天が続いたこともあり、全体としては順調に終わりました。
 
 一面真っ黒になった西の原ですが、1か月もすると緑のじゅうたんに生え変わり、多くの皆さんの憩いの場になることでしょう。
(くつ)
 
Wood job!!
2014-01-24
待ちに待った三浦しをんの小説「神去なあなあ日常」が映画化され今年の5月に公開されるようです。
 多分、平成24年○月頃に、ある人(某組合長)から『これを読んでみんかね』といって渡され、読み始めましたが面白くなって、珍しく一気に読んでしまいました。 けっこう感動し、恥ずかしながら涙がちょちょぎれました。(;一_一)
 なんでも、林業を舞台にして、チェンソ-を実際に役者が操作するシ-ンはこの映画が初めてだとか聞いた記憶があります。
昨年の夏にその撮影シ-ンの一部が紹介されていましたが、映画の内容をかいつまんでいうと「新人林業マン勇気(染谷将太)の日常生活」とでもいいましょうか?
で、その撮影現場ではヨキというあだ名で呼ばれている伊藤英明 (勇気の大先輩)がチェンソ-で立木を伐倒していましたが、無茶苦茶美しくかつ格好よくチェンソ-を操作していました。(当組合にスカウトしたいくらいでした)
 
監督は、あの「ウォ-タ-ボ-イズ」や「スウィングガ-ルズ」を手掛けた矢口史靖監督です。
こうして、林業とか森林を題材にした映画などがどんどん出てくることは嬉しいことであり、今から楽しみにしつつ、頭のかたすみには25年度事業の決算のことを日々思っている今日この頃です。(poco)
大田市森林組合
〒694-0064
島根県大田市
   大田町大田 ロ1047番地3
TEL.0854-82-8500
FAX.0854-82-8013

───────────────
森林組合事業
───────────────
<<大田市森林組合>> 〒694-0064 島根県大田市大田町大田1047番地3 TEL:0854-82-8500 FAX:0854-82-8013