本文へ移動

森のつぶやき

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ミニ林業祭の告知放送収録

2014-10-06
9月30日(火)
 銀山TVにて「大田市森林組合 ミニ林業祭」の告知の収録を行いました。スタジオ内は照明でとても暑く、あまり見たことのない機材を目にして皆さん少し興奮気味。
 
 持ち時間は1分とのことで、2度のリハーサルを行いました。リハーサルにも関わらず、出演者全員の緊張感がビンビン伝わってきました!ただ、模造紙を持っているだけなのに汗だくになる人、カンペに目がいかないように一生懸命暗記する人…
 
 告知放送を見ていただく皆さんに内容が伝わるように、出演者全員が心をこめて頑張っていたと思います。 
 
 是非、「ミニ林業祭」に足を運んでください。
 
P.S. ちなみに、僕は応援係でした。(SATO-RUSH!)

松再生第4弾

2014-09-24
 昨年の8月に「松再生第3弾」として「松の播種とその途中経過」で松の成長について投稿しました。
その後仕事の忙しさにかまけて現地へ行くことが出来ませんでしたが、ようやく、先日の9月19日に現場に行きました。
昨年芽が出たものと思われる稚樹(約20cm)と今年と思われる稚樹(約2cm)が並んで生えていたので写真を撮ってきました。4haの天然下種更新を目指す面積のうち半分程度を大まかに歩いてみましたが、明らかに昨年より多くの松の稚樹を見つけることが出来ました。以下その状況を報告したいと思います。
 
① 天然下種更新のため地表掻き起こしをしましたが、マサ土が出るほどに強度に実施したところは稚樹の発生が少なく、少し腐葉土が残っているような箇所が良く発生してました。(標準地を取って本数を数えたわけではありませんが)
② 前生の松を伐採する前から笹が群生しているところは探すのが大変ということもありましたが、松の稚樹あるいは幼樹は見受けられませんでした。しかし稚樹の発生と笹の発生が同じ時期の稚樹(約15cm)は写真のように今のところは順調に生育しそうです。
③ 切り取り法面の上部付近で笹が元から繁茂していた所は法面で光を遮る植物等がなく、そのためかかなり成立本数が密でした。(ちょい、意味が解りにくいかも)
④ 松林の谷にあるスギ・ヒノキの35年生が立っているところから20m位離れた今回開設した作業道の盛土法面には、スギ・ヒノキの稚樹がかなり発生していました。
 
まあそんなで大した報告にはなっていませんが、3枚目の写真のようにそこそこ稚樹が発生しているので安心しました。あとは攪乱しすぎた箇所がどうなるかということと、いつごろ下刈をするべきかが問題かと思います。
今後は稚樹の何本かのそばに杭でも立てて成長を見ようかと思っています。
本当にできるか自信はなし(-“-) 
以上(poco)でした。

悲願の一勝ならず

2014-08-25
 

24日、大田市森林組合職員で構成する「フォレスターズ」は市内の21チームが参加する社会人野球大会の試合に臨んだ。3回目の出場ではあるが、まだ勝利の喜びを味わったことはない。今年は新卒の高校球児を迎えて戦力の充実があり、初の一勝への期待は大きくふくらんでいた。

試合開始前のミーティングの締めは「ゼロ災でいこう!よし!」

対戦相手のピッチャーは甲子園経験者とのこと。我がチームのメンバーは臆することなく立ち向かい、K君の二塁打を含めて数本のヒットはあったものの、力不足は否めず5回コールドでの負けとなった。

夕方の慰労会では、例年になくプレーの中身についての反省が語られていたように思う。来年こそ勝利の美酒が味わえることを期待しよう。

 選手の皆さん、応援に駆け付けた職員、家族の皆さんご苦労様でした。(くつ)

『カッポさん』第2弾

2014-08-05

前回、ウスバカゲロウのことを「カッポさん」と呼んでいたと書きましたが、新しい呼び名が出現しました。当組合の50才代の職員は、「ジッポカッポ」と呼んでいたそうです。
その後、他の人から「テッポカッポ」と呼んでいた人がいるよ と教えてくれました。どうも、「カッポ」は大田地域では共通の言葉のようです。
たわいない話で申し訳ありません(;一_一) (poco)

『カッポさん』て知ってます?

2014-07-28

保育園から小学生くらいまで我が家の墓所でよく「カッポさん、カッポさん出ておいで」と歌を歌いながらカッポさんを掘り出して遊んだことがありました。「カッポさん」とは、ウスバカゲロウの幼虫のことでいわゆる「アリジゴク」の成虫の名前としてみなさんご存知と思います。それを我々の地域では「カッポさん」と呼んでいますがどこらあたりまでがその名称を使っているのか少し興味のあるところです。
 先日、広島県の山奥で昼食をとっていて、ふと辺りを見回すと黒墨の土のあちこちに「アリジゴク」があり何年振りかに掘ってみました。8か所くらい掘りましたが何もいなくて、最後のくぼみから一匹だけ黒いカッポさんが見つかりました。残念ながら死んでいて、おまけに真っ黒で、私が幼少の頃捕っていた(決して殺さず元に返しました)茶色い土の中にいた茶褐色とは違うので、てっきり「カメレオン」のように土の色に適応して体色を変えるのかなと思いましたが本当はどうなんでしょうか?
 数日後、インタ-ネットで調べたらウスバカゲロウの幼虫は、獲物に対して毒性の吐き出し液を注入し、注入された獲物は黒変して致死するようです。私が先日見つけた幼虫がまさか仲間同士で喧嘩して死んだなんてことは無いと思いますが・・・・誰か知っている人がいれば教えてください。
 ちなみに、ウスバカゲロウの毒物質はフグ毒のテトロドトキシンの130倍といわれているとのこと。
 むやみに触らない方が良いかも。(poco)

 

1
4
4
6
0
5
大田市森林組合
〒694-0064
島根県大田市大田町大田ロ1047番地3
TEL.0854-82-8500
 FAX.0854-82-8013

───────────────
森林組合事業
 ───────────────
TOPへ戻る